So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年の税理士試験・消費税法での不正行為に遭遇 [受験生の日常]

今日の不愉快な話をする。

国家試験の不正とその黙認だ。

と、書くと仰々しいが、実際は不正と怠慢だ。

今日、早稲田大学のとある教室での出来事だ。

その教室では消費税法の試験が行われた。

08460以降の受験者が受験する教室だった。

その左端、前から片手で数えられる席、08460~08469番辺りの席には一人の女性が座っていた。

若い女性だった。

ただ、何故か試験監督の「やめ」の声がした後も電卓を叩き、答案用紙に記入していた。

とても堂々と試験を続けていた。

第一問の用紙回収が始まった。

中央の前方に座っていた若い男性受験者が気付き、答案用紙を回収している補佐官に声を掛けた。

まだ女性は答案作成を止めない。

遠くから見て、どうみても答案用紙に書いている。

補佐官は「アルバイトなんで」と笑いながら言った。

試験監督に報告もしないようで、試験監督はそちらを見ない。

第一問の用紙回収が終わった。

第二問の用紙回収が始まった。

若い男性受験者は別の補佐官に声を掛けた。

まだ女性は答案作成を止めない。

サイレントキーでは無いようで、カチャカチャ電卓を叩く音が響いていた。

釣られて、その前に着席している女性も電卓で検算を始めた。

補佐官は不正を咎めなかった。

ただ大きな声で、全員に言うように、答案作成を止めるように言っただけだ。

そこでようやく女性は答案作成を止めた。

答案回収直前で、終了から5分以上は経過していたろう。

この試験、一箇所の得失点で合否が分かれる。

終了直前に5分あれば、答案用紙を幾らでも埋められる。

合否の境目にいるなら安全圏へ行ける。

合格から遠いなら、勝ち負けまで持って行ける。

終了間際の1分1秒は千金に値する。

国家試験でここまであからさまな不正を出来るとは。

あの女性、関係者だろうか。

08461~08465くらいの受験番号の女性の正体が非常に気になる。

そして、試験官の対応は非常に不愉快だ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

coach wallets

実際、これはすべてのせいに腐敗と悪をしていて、カトリック司教たちは確かにあった。
by coach wallets (2011-01-13 17:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。